女の人

要らない家電や家具は廃品回収をしてスッキリしよう

知っておきたい対策法

粗大ごみ

リサイクル技術の向上

ゴミの処理方法に関するルールは時代とともに変わってきています。大阪でも以前は、黒のゴミ袋を使うことができましたが、危険物混入を防ぐため、最近では透明や半透明の袋を使用することが義務付けられるようになってきました。大阪では、ゴミの量が増えているので、その対策として処理の有料化や資源ゴミの分別を徹底化させている自治体もたくさんあります。資源をリサイクルする技術はどんどん進歩しているので、以前は燃やすしかなかったプラスチック製品も、今では、資源としてリサイクルをすることができるようになってきました。食品を包装している袋や、プリンカップなどを、資源として回収している自治体も、大阪にはたくさんあります。

進む有料化

大阪では、ゴミ袋に所定のシールを貼るというルールを決めている自治体がたくさんあります。自治体は、年度の初めに、世帯の人数に応じた枚数分のシールを配布してくれますが、そのシールがなくなると、不足分は自分で購入しなければなりません。なので、ゴミの量が多い家庭では、一定量を超えるとゴミを捨てることが有料になってしまいます。資源ゴミは、シールを貼る必要がなく、量が増えても無料で処理をしてくれるので、ゴミの有料化を防ぐためには、少し手間がかかっても細かく分別をし、プラスチックや牛乳パックなどを資源ゴミとして引き取ってもらうのがいいでしょう。スーパーなどの店舗でも、牛乳パックなどのリサイクル資源を回収するサービスをしているので、スーパーに持っていくのもおすすめです。